TOP » つくば市の葬儀事情 » つくば市の葬儀しきたり

つくば市の葬儀しきたり

お葬式は地域によって習慣が異なるもの。このページでは茨城県やつくば市のお葬式のしきたりをまとめました。

茨城県(つくば市)にある葬儀の風習まとめ

茨城県での葬儀の大まかな流れは、通夜、葬式/葬儀、出棺、火葬、骨上げとなっています。

故人が病院で亡くなった場合は遺体の搬送と安置、遺体保全処置と枕飾り、納棺から通夜という流れが主流。自宅で亡くなった場合は、遺体保全処理と枕飾り、納棺から開始します。

香典は2~3回

つくば市のある茨城県県南地域では、訃報を聞くと「病気見舞い」という表書きの赤いのし袋と、普通ののし袋に現金を入れて持っていく風習があります。

通夜では「通夜見舞い」として別に包むこともあるので、近隣の人やお寺などに確認しておくとよいでしょう。

つくば市と隣の龍ヶ崎市では、不祝儀袋の「御霊前」の左側に「通夜御見舞」と書き添えて持っていったり、香典と通夜見舞いの両方を用意し、二つ設置された受付にそれぞれ渡すこともあります。

そして、お葬式や葬儀で香典を渡すため、2~3回渡すことになります。これは、葬式や葬儀を迎える前に病気を患い病気で亡くなった故人に対し、「入院中にお見舞いに行けなかった気持ち」として病気見舞や通夜見舞が渡されているようです。

わら製の人形を棺に入れる

納棺の際、『不幸を連れて行ってもらう』あるいは、『不幸を繰り返さないように』という願いを込めて、棺に人形を入れる地域があります。茨城県の場合は、棺に人形の代わりに藁で作った人形を入れるしきたりがあります。

撒き銭

茨城の風習として代表的なのが「撒き銭」です。主に水戸市周辺の地域で行われているようです。

これは大往生をした高齢の方が亡くなった時に行われます。出棺の際、遺族が参列者に向けて半紙にくるんだ小銭を撒き、参列者はこの撒き銭を拾うと「大往生をした故人と同様、長生きができる」とされて、縁起が良いものだと考えられています。

お金の代わりに、飴玉やキャラメルなど、100円程度のお菓子を配ることもあります。

つくば市内の葬儀しきたりを調べて最適な葬儀社を決める

予約もスムーズな
自社斎場を完備
故人との最期の時間を
ゆっくり過ごす…

つくば市の安心価格でおすすめの葬儀社3選
上方商事
家族葬 350,000円~
一般葬 500,000円~
総合葬祭大日
家族葬 350,000円~
一般葬 650,000円~
さがみ典礼
家族葬 360,000円~
一般葬 720,000円~

全て税別表記です

安心して故人を見送る葬儀プランは?

初めて喪主を務める方の葬儀ガイド

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備えてお葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えてましょう。

万が一に備え最善の葬儀プランを探す